『妊活に良い』を集めたプロテイン作りました

スタジオシュカでは、不妊症や妊活に最も重要な栄養素はタンパク質であることを常に伝えています。しかし、タンパク質をとるのは実は簡単ではないんです。理由はたんぱく質の吸収率の悪さにあります。

知っていますか?タンパク質が妊活に欠かせない理由

一般的に成人女性には体重1kgあたり0.8gのタンパク質が必要とされています。例えば、体重50kgの女性の場合、1日に必要なタンパク質の量は約40gです。この量を取るためには、肉や魚を約200-250g摂取する必要があります。しかし、女性の平均的な1日の肉や魚の摂取量はだいたい100gから150gと言われており、必要な量の半分程度しか取れていません。

その原因は、皆さん時間がなく肉や魚を調理する時間がなかったり、コンビニ食やレトルトの低タンパク質食品で栄養ではなくカロリー重視の食習慣になっていることなどがあります。現代人は忙しいから仕方ないんですよね…。

しかし、人間にとって最も重要な栄養はタンパク質です。栄養不足とは、タンパク質不足のことです。タンパク質が足りていない状態で、各種のビタミンやマカや葉酸のサプリを摂取しても妊娠率は改善しません。もし、妊活のためにサプリメントを摂取するなら、【プロテイン】が最も効率と効果が高いんです。

なぜタンパク質が不足するのか?

プロテインの話をすると、時々ご質問いただくのですが、『筋トレしなくてもプロテイン飲んでいいの?』と聞かれます。結論としては、筋トレしてもしてなくてもプロテインは飲む必要があります。多くの方がご存じないのですが、タンパク質が足りていないで生活すると、生きているだけで筋肉が消費されてしまいます。筋肉がどんどんなくなってしまうので、体温は下がり、血流が悪くなり卵子に血が届かなくなります。

また、タンパク質は子宮内膜を構成する重要な栄養素です。不足すれば子宮内膜は薄くなります。その他、内臓機能にもタンパク質は必要で、丈夫な胃腸や、肺や心臓や腎臓や肝臓や子宮を作るベースは全てタンパク質です。これらの内臓がタンパク質不足で十分に機能していない状態では、ビタミンやミネラルを摂取してもほとんど意味がありません。

さらに、妊活はストレスがとても大きいですが、ストレス状況下では代謝やエネルギー消費が増加し、その結果としてタンパク質の需要が増加することがわかっています。そのくらいに重要なことなので、当院ではタンパク質をプロテインで摂取することをお勧めしております。


妊活に特化したプロテインがない…

ただ、なんでもいいからプロテインを飲みましょう、というわけでもありません。その理由は、多くのプロテインの原料がオーガニックでないからです。さらには砂糖と人工甘味料の問題もあります。加えて、添加されている栄養素が妊活とは関係のないもので構成されていることが多く、それによって価格が上がっています。だからこそ、私たちは『妊活専用』のプロテインが必要ではないかと考えました。

当院でおすすめしているmodereのミールも安全で美味しく、とても良い商品だと思っています。しかし、妊活にあった成分という視点だと、少し物足りない、そんな風に思っています。妊活に必要な栄養素を補いながら、美味しく安全にタンパク質を摂取できるプロテインを作りたい…。そんな風にずっと考えていました。

そんなある日、プロテインメーカーからOEMでオリジナルの商品を作りませんか?という案内ハガキをいただきました。少ないロットで作ることができ、大量に在庫を抱える必要がなく、自分たちの好きな形でカスタマイズすることができる、というものでした。

『くとみん!こんなDM来ましたよ!』案内を見た宮崎は、速攻で院長の久富に伝えました。それから急ぎ足でプロテインの開発が始まり、3か月かけてようやく出来上がったのが今回の『ペペテイン』です。

ちなみに『ペペ』とは、ハワイ語で赤ちゃん、という意味です。赤ちゃんが来たがる体を作るプロテイン。これを飲んで体質が改善してほしい。そんな願いを込めました。妊活や不妊治療中に限らず、妊娠中や授乳中の方にも必要で安全な成分を厳選しています。なぜなら、妊活は妊娠がゴールではないからです。その先のマタニティ期間や、産後から始まるハードな子育てを視野に入れて、体作りに取り組んでくださいね。

『ペペテイン』はどんなプロテインなのか?

プロテインは動物性と植物性の2種類に分かれます。動物性は牛乳から作られています。植物性はマメ科の植物から作られています。

動物性のタンパク質の方が吸収性は高い半面、代謝されて体外に出ていくまでの時間も短いという特徴があります。筋トレの前後などにはこちらが有効です。ただし、使われない分は脂肪に変換されて蓄積します。
反対に、植物性のタンパク質は吸収性が低いのですが、体内にじわじわと効いてくる、という特徴があります。吸収性が低い分、脂肪として蓄積されづらい特徴があります。

どちらがいいか?についての判断は難しいですが、私たちの考え方としては妊活中や不妊治療の場合は、不必要な脂肪はつけない方がいいと考えているので今回は植物性のプロテインを選ぶことにしました。

植物性のプロテインとしては大豆由来のプロテインが主流ですが、大豆は多くが遺伝子組み換え作物(GMO)で、収穫時にグリホサートという農薬が大量に使用されます。この農薬には発がん性の疑いがあり、これに関する裁判も世界中で多く行われており、大規模な賠償命令が出ています。

そして、毒というのは、生物の個体の大きさが小さいほど影響が強いという特性があります。人間よりも、小さな動物の方が影響を受けやすいんです。そのため、大人にとって安全性が確認されているとはいっても、子供や卵子のように小さな細胞は影響を受ける可能性があります。多くの薬は大人と子供で服用量が違いますよね。

このような理由から、『ペペテイン』では大豆ではなく、非GMOで安全性が高いとされるエンドウ豆のプロテインを選びました。

砂糖と人工甘味料まみれのプロテイン

また、多くのプロテインは飲みやすくするために、大量の砂糖が使われます。この甘さが苦手、という方もいるかもしれません。

砂糖は細胞をコーティングしたり(糖化といいます)、血管を詰まらせて高血圧の原因となることが分かっています。健康補助食品をとりながら病気になっては本末転倒です。

砂糖を使っていない場合には、人工甘味料が使用されることが一般的です。しかし、人工甘味料に関しては長期的な安全性に疑念があります。アスパルテームやサッカリンは発がん性の可能性が指摘されています。

また、人工甘味料は腎臓に蓄積し、腎不全のリスクを高める可能性があります。さらには腸内細菌のバランスを崩し、消化器系の問題や免疫機能の低下を引き起こす可能性も報告されています。

人工甘味料の長期的な使用は、代謝異常や糖尿病リスクの増加とも関連があるため、特に妊活中や妊娠中、授乳中の方には自然な甘味料の選択を推奨します。

そのため『ペペテイン』では砂糖や人工甘味料は使わず、有機のアガベシュガーを使用し、低GI値で血糖値の急上昇しないようにして糖化を抑え、長期的なリスクを抑えるように設計しました。アガベシュガーにはナトリウムとバランスをとるカリウムも含まれているので、体から余分な水分を排出し浮腫みを軽減する効果も期待できます。

テイストは『黒糖きな粉』味を選びました。プロテインは今日飲めば明日から健康、というものではないので、定期的に飲む必要があります。
だからこそ、スイーツのような楽しみがなければ継続して飲み続けられないですよね。
他の味もいろいろあったのですが、日本発のプロテインですし、日本人の私たちに合った甘さを考えると、黒糖きな粉かな、と思ったんですよね。
きな粉はマグネシウムが含まれますし、黒糖にはミネラルが含まれるので、ただ味をつけるだけではなく、栄養的な意味も持たせたいと考えています。
今後は『ほうじ茶』味なども検討しています。

妊活のストレスと腸の不思議なつながり

さらに、腸の働きを活性化させる成分を追加しました。ピープロテイン自体が植物性のため食物繊維が豊富なのですが、そこに『難消化性デキストリン』『植物発酵エキス』『植物性乳酸菌』などを追加しました。
さらに、マグネシウムを追加し、便秘改善の効果を高めました。マグネシウムは睡眠を改善し、細胞のミトコンドリアを増やし活性化させ、エネルギーを作り出すためにも重要なミネラルです。
これらは腸内細菌の活性化を促し、排便をスムーズにする役割があります。

また、妊活はストレスとの闘い、という方も多いと思います。ストレスを解消するためにはセロトニンという腸で作られるホルモンが重要です。そのため便秘だと腸がうまく働かず、セロトニンの分泌が抑えられてしまい、気分が不安定になりやすいことが知られています。

つまり、便の状態を改善すれば、セロトニンが十分に分泌され、憂鬱な気持ちやストレスなく過ごせるようになるんです。
ペペテインは妊活の総合的な問題を解決するために、特に排便リズムの改善を考えて開発しています。
また、便秘がない人にとっても、腸内細菌が活性化することで、腸が元気になりセロトニンの分泌が活性化します。

妊活に役立つミネラルとマカの効果

その他にも妊活や女性の体に役に立つ成分を追加しています。
ミネラルでいえば、植物を発酵させることで得られるミネラルも追加しました。マンガン、銅、ヨウ素、セレンなどのミネラルで、体調を改善する効果が期待できます。

それと、妊活に重要なマカも加えています。マカは男性の機能回復のイメージが強いですが、女性にとってもPMSの改善や生理の状態の改善など、生殖器系への効果が期待できる成分です。それだけではなくマカは更年期障害など、女性のライフサイクル全体の問題にも対応できるため、妊活中の方に限らず、全ての女性におすすめしたいと思っています。

妊活専用プロテイン『ペペテイン』先行販売のお知らせ

ペペテイン

このようにスタジオシュカだからこそのプロテインを開発いたしました。そのため、スタジオシュカにとって大切な皆様に先行で販売をさせていただこうと思っています。すでに多くの方からご予約をいただいている状況ですが、当院はスペースが限られているため、在庫を持つ余裕がありません。そのため、今回の先行予約をしていただいた方に優先して販売をさせていただきたいと思っています。

もしこのメッセージを読んでいただき、必要だと感じたら今すぐLINEでご予約ください。LINEメッセージで『プロテイン予約』と送っていただき、欲しいサイズと必要な量を送ってください。
容量は500g(5950円)と200g(2750円)をご用意しております。
目安としては500gで2週間~3週間、200gで1週間~10日くらいです。
テイストは『黒糖きな粉』味となります。今後はほうじ茶味も検討しています。
初回の販売は限定50袋のみです。

ご希望の方は今すぐご連絡くださいね。

友だち追加