妊活の許可書

低温期が長い、排卵が遅い…簡単セルフケアで改善!

2019-07-18  妊娠力アップの鍼灸術

低温期が長い、排卵が遅いそんな悩みを解消する簡単セルフケア

 

妊活をしていて、

なかなか低温期が高温期にならない。

排卵がうまくできない。

そんな悩みを持っている人がいます。

 

東洋医学的にみると

低温期が長くなってしまっているのは

押し出す力が弱まっているから。

 

排卵に限らず

内側から外に出すためには

ぐっ!と力むことが必要で

生理でも排便でも

カラダの内側の圧迫が必要です。

 

体質などでその力が弱いと

うまく卵胞が育たなかったり

排卵する力が弱くなったり

卵胞の成長に日数かかるため妊娠のチャンスも減ってしまいます。

 

低温期の改善として

食事改善や
良質な睡眠
冷え性の改善

も大切ですが

 

卵をポンっと押し出す力を高めることで

排卵が早まり低温期が改善されていきます。

 

 

今回は低温期と排卵日を今より短くするための

すぐできる毎日の簡単なセルフケアについて

お話しています。