妊活の許可書

卵子の質を変えて妊娠率UP【今日からできる3つのコツ】

2020-03-25  お知らせ

卵子の質を高めて妊娠率UP【今日からできる3つのコツ】



検査をしたら卵子の質が悪いと言われた。

年齢的な焦りや、体外受精の前に
卵子の質を少しでも良くしたい、
そういう気持ちってありますよね。

当院にもそういう方が多くいらっしゃいます。
そんな時にまず最初にやってほしい3つのこと。

食事の改善?
サプリメント?
8時間の睡眠?

もちろんこれらも大切だけど
実はもっと手軽にできるものです。
それは…

 

1、毎朝3分の運動。
2、寝る前の深呼吸3分。
3、朝一の白湯。

この3つだけです。

 

朝の運動はたった3分でいいの?

よく聞かれますが(笑)
本当に3分だけで大丈夫です。

ただ、この3分、コツがあります。
それは歩くだけだと不十分、ということです。

どんなことをすればいいのか?
一番いいのはジョギング。

と言っても外に出なくてもOK!
家の中で、さらにいうとその場で
足踏みのような感じで3分間のスロージョギング。

意外かもしれませんが
これだけでも体の交感神経のスイッチが入って
朝から心と体がスッキリとしてきます。

スクワットや腕立て伏せみたいに
ハードじゃないからやりやすいですよね。

騙されたと思って
明日の朝この3分をやってみてくださいね。

 

寝る前の深呼吸って?

寝る前に深呼吸するのはとてもいいです。
心と体のスイッチを入れ替えてくれます。

それによって眠りがずっと深くなって
リラックスして良い睡眠に変化します。

だいたい10~15回。
やり方にこだわる必要もないですし

呼吸法を学んだことがある方は
その方法でもちろん結構です。

意外と寝る前にみんなやってないんです(笑)
お布団に入ったらすぐ寝ちゃう人も
数回でいいのでやってみてくださいね。

コツは、
あーリラックスしてきたなぁ
って感じるように心を向けていくこと。

リラックスすると無意識に入ってる力が抜けて
副交感神経が高まるので
ぐっすりと眠れますよ!

 

白湯で身体の中から温かく

白湯の効果は
たくさんの芸能人やモデルの方々が実践されるように
とてもわかりやすく感じることができます。

当院では特に朝の白湯をおすすめしていますが
朝以外でもいつでも白湯がいいですね。

たくさん飲む必要はなくて
マグカップ一杯。

本当は煮だして水が半分くらいになるまで・・・
など、作り方に難しい手順もあり
お時間のある方はそうしていただけるといいと思います。

ただ、時間がない方に関しては
レンジで温めるでもいいですし
電子ポットでもいいですよ。

温度は50度くらい。
ごくごく飲めるギリギリの温度
とお伝えしています。

そして白湯にも飲み方にコツがあります。
それは、自分の体と向き合いながら飲むこと。

お湯が胃の中に入ってきて
おなかがあったまるのを感じてみてください。

この体の反応と
自分の意識を向き合わせることで

体のいろんなことがわかってくるようになります。

反対に心と体を向き合わせる習慣がないと
体質改善はとても難しいです。

体調の変化に気づけるようになると
卵子の質も改善されやすくなります。

今回はひとつ3分でできる
簡単かつ効果的な体質や卵子の質を向上させる方法でした。

ぜひ今日から取りいれてくださいね。