妊活の許可書

妊娠力UPのライフスタイル【睡眠編】

2020-03-14  お知らせ

こんにちは、スタジオシュカの久富です。

今日は
妊娠力アップのためのライフスタイルについてです。
あなたは今の生活に満足できていますか?

睡眠時間が短い、
決まった時間に食事がとれない、
残業が多い、など・・・

小さなストレスを溜め込んでいませんか?

妊娠する為には
あなたの心と身体が
健康でなければなりません。

あなたの身体を作っているのは
あなたの食べたものや、
生活習慣でできているからです。

その上で、

子宮や卵巣のコンディションが
整っていることが大切なんですね。
このコンディションの良い状態を作れるかどうかは、
あなたのライフスタイルに大きく影響します。

まずは、あなたの生活習慣を見つめ直してみましょう。

睡眠、食事、運動に分けて考えていきますが、今日は睡眠について。

ご自身の今の睡眠はどうですか?
お布団に入ったらすぐに眠れて、7時間半ぐっすりですか?

妊活には7時間半の睡眠時間が必要と言われています。
それも、少なくとも4時間以上の連続睡眠が条件です。

生活が忙しくて睡眠時間が取れない、
なかなか寝付けない、
良く目が覚める、
朝から疲れているなど

このようなお悩みのある方は是非読んでもらえたらと思います。

➀睡眠時間が十分に取れない

お仕事や家事で忙しくてなかなか睡眠時間ってとりづらいですよね。
「本当はもっと寝たいけど、仕事があるからしょうがない。」
そんな方は、一日の生活リズムを紙に細かく書いてみてください。
意外と、寝る前のテレビの時間やスマホの時間があったり、なんでこれこんなに時間かかってるんだろう?って思う作業が合ったりしませんか?
このように今の生活を良く見つめて、
睡眠時間を1時間でも、30分でも長くとることを心がけてみてください^_^

➁なかなか寝付けない、よく目が覚める

このタイプの人は自律神経が原因で睡眠がうまくいっていないタイプ。
いつもだし、ずっとだし、これが当たり前って思っていませんか?
寝る前にリラックスモードに自律神経を切り替えることで
睡眠の質がとても良くなります。
寝る前に自律神経を整える呼吸を行うといいです。(詳しくは動画で)

➂朝から疲れている人

このタイプもうまくリラックスできていないのですが、
ずっと脳が考え事をしている、
寝ている間も力が入っている
このパターンが多いです。
こういう人たちは寝る前のスマホを控えてみたり、
枕の高さがあっているかチェックしてみたり
寝る前にストレッチをしたり
身体をリラックスさせることが大切です。

睡眠時間を増やす、
睡眠の質を上げる

この2つが妊活に良い睡眠のポイントになってきます。
もちろん100%を目指すストイックさは素敵ですが、

まずは1つ変えてみましょう。

10分だけ早く寝てみる。
夜のテレビを30分短くしてみる。
寝るときに力が入っていることに気づく。

こういったことも
「たった」ではなく
「すごい成長」ということを覚えておいてください。

自分では何をしたらいいのかわからない時は
いつでもご相談くださいね。

次回は妊活に大切な食事編です^_^

久富